遺影写真

遺影写真というと、人がお亡くなりになったときに飾る写真、葬儀や仏壇に使う写真という認識が一般的です。

なので、遺影写真を撮ろうとなると、『死んだときの写真を撮るなんて縁起が悪い』と思う人も多いはずです。

しかし、

YOINでは、遺影写真の概念である葬式用写真とは区別した、家族のために思い出を残す記念写真(エンディングフォト)のひとつとして遺影写真を考えています。

縁起が悪いという理由で、良い写真を飾れないのはとても残念なことです。

『生きているうちから縁起でもない』といいますが、お亡くなりになってからでは写真が撮れないのです。

生前写真とも呼ばれるのも、そのためです。

 

額縁におさめて飾る写真

 

人がお亡くなりになった後、遺族は数々の手続きや手配を短期間に行わなければなりません。そんな状況の中、遺影写真に使う写真を探してもみつからないのがほとんど。

集合写真から無理にトリミングして加工した写真を額縁におさめて飾っている家族は多いです。

また、最近ではスマートフォンで写真を撮ることが多くなったため、残っているアルバムの中から急遽、 切り抜いて合成したなんて話も少なくありません。

ピントの甘い、 ぼんやりとした、本人かどうかもわからなくなってくるような写真を、額縁におさめて飾るのは遺族にとっても心苦しいはずです。

『死んだときの写真を撮るなんて縁起が悪い』と考えている方に良い写真が残っている可能性は少ないのは当然ですが、残された遺族のお気持ちからすれば仕方がなかったというのが本心だと思います。

 

遺影写真は一番長く見られる写真。

 

故人を偲ぶ時、棺や遺骨よりも写真を見ます。お墓よりも写真を見て、故人を想うものです。

故人の気持ちからしても、もし、お孫さん達に『おばあちゃんって何だか人相が悪くて 怖そうな人だった』なんて思われたら、それはとても淋しいことです。

 

生きているうちに遺影写真を用意しておくと長生きできる

 

『死んだときの写真を撮るなんて縁起が悪い』というネガティブな見方ではなく、『生きているうちに遺影写真を用意しておくと長生きできる』と考えてみたら如何でしょうか。

生きているうちに自分のお墓を完成させておくことを寿陵(じゅりょう)と言いますが、子世代に墓を建てる負担を残したくないという理由から、近年では終活する方が増えています。

ところで、なぜ「寿」というめでたい言葉が入っているかというと、「生きているうちにお墓を用意しておくと長生きできる」という中国の古い言い伝えがあるためです。

生前墓は縁起が良いと考えられて、「終活」という言葉も最近は多く聞かれるようになりました。

お墓と同じように、遺影写真も準備(終活)です。

遺影写真は縁起が悪いものではないのです。

 

どんな写真でもいいのです。

例えば、

煙草が大好きなお父さんだったら、煙草のけむりを燻らせているお父さんの写真だったり。

ケーキが大好きなお母さんだったら、テーブルの上にたくさんケーキを並べて、ギャル曽根ばりに大口をあけてみたり。

ジャイアンツファンのお父さんだったら、ジャインアツの帽子をかぶって、ユニフォームを着て、バットを振ってくれたら最高です。

その写真を見ただけで、お父さん、いつも野球の話ばっかりだったよねと、すっと浮かんでくる写真が遺影写真だと思います。

最近では、慣習に縛られない自由葬といったスタイルのお葬式が増えています。遺影写真も自由に撮ってよいのです。

 

人の命はいつどう終わるか分かりません。でも、必ず、そのときは来るのです。

 

元気なうちに。
家にいられるうちに。
笑顔でいられるうちに。

 

元気な記念として何年かおきに撮影してみてはいかがでしょうか 。

 

遺影写真は額縁におさめて飾る写真です。

ポートレイト写真、肖像写真と同じなのです。

話かけると返事が返ってきそうな写真であればきっと家族の宝物になるはずです。

 

 

遺影写真は、家族写真のひとつです。

 

YOINのプロカメラマンは東京、埼玉を中心に年間300件以上の家族写真を出張撮影しています。

お宮参りや七五三の節句には、お孫さんと一緒に楽しく過ごすおじいちゃん、おばあちゃんの姿を撮影しています。

遺影写真は、家族にとって大事な家族写真のひとつです。

長寿のお祝いに、あるいは、お誕生日プレゼントに、家族の記念写真と一緒に、遺影写真の撮影もご検討されては如何でしょうか。

まずは一度ご利用下さい。